授業力向上教育コース

授業を成立させるための基礎・基本

野中先生による公開授業と解説

  • 日時:平成29年10月6日金曜日 5校時から16時30分(公開授業、講義)

  • 場所:三木市立緑が丘東小学校

  • 講師:元横浜市立小学校教諭 初任者指導アドバイザー 野中 信行 氏

初任者を対象に、授業づくりに必要な視点や指導方法について学ぶ公開授業と講座が行われました。

・公開授業
◇野中先生による、小学3年生の国語の公開授業が行われました。


専門研修講座の様子1 専門研修講座の様子2

専門研修講座の様子3 専門研修講座の様子4

・講座
◇この日に参観した授業についてグループで討議し、良かった点や課題について意見を共有しました。発問の仕方や板書の構成、子どもへのフォローの言葉かけの意見が出た後、野中先生に具体的なアドバイスをいただきました。


専門研修講座の様子5 専門研修講座の様子6
 

◇授業の主体は教師であり、傍観者をつくらない全員参加型の授業を作るために意図的な試みを盛り込む必要性ついてご指導いただきました。
いかに子どもの手が挙がるかではなく、内向的であるがよい意見をもった子どもに発表の機会を持たせること、小刻みに活動させることでテンポのある授業が生まれるとお話くださいました。

専門研修講座の様子7 専門研修講座の様子8


◇授業力を向上させるために、ボイスレコーダーを活用して自分の授業を客観視できる工夫をするなど、「一人研究授業」を重ねることが大切であるとお話しくださいました。
 子どもたちの表情をしっかりと見ながら、意欲につながる授業を日常的に行って欲しいとご指導いただきました。