個を生かす教育コース

子どもの人権を考える

  • 日時:平成29年8月31日木曜日 14時から16時

  • 場所:三木市立教育センター 大研修室

  • 講師:じんけん楽学塾 大谷 眞砂子 氏

 子どもに関わる人権についてグループワークを通して考えを深め、今の子どもたちが人権感覚を高めるためにはどのような指導が大切かを学ぶ講座が行われました。


専門研修講座の様子1 専門研修講座の様子2


◇グループワークを始めるにあたり、場を和ませ発言しやすい雰囲気をつくるために、遊び心を取り入れたしかけのある自己紹介の方法は、保護者会などで取り入れて欲しいとお話しいただき受講者で実践しました。


専門研修講座の様子3 専門研修講座の様子4


◇5つのエピソードの中から各グループで1つずつ選択し、考えを深めました。いじめや、不登校につながる事例に対して、それぞれ状況を整理し、子どもの気持ち、自分ならどう対応するかを話し合い、模造紙にまとめました。
 

専門研修講座の様子5 専門研修講座の様子6


◇グループでまとめたことを発表し、考えを共有しました。事実の中には表に現れていないことが隠れていることが多い。それを見抜くことができる大人、寄り添うことができる大人に出会えることで救われる子どもたちがいると助言していただきました。
教師自身がアンテナを高く持ち、日ごろから子どもたちの変化に気づくことができることが大切だと学ぶ講座になりました。