人間力・学校力向上教育コース

三木の学校づくり

「主体的・対話的で深い学び」に取り組む

  • 日時:平成29年8月24日木曜日 14時から16時30分

  • 場所:三木市立教育センター 大研修室

  • 講師:早稲田大学教職大学院 教授 田中 博之 氏

次期学習指導要領に向けた「主体的・対話的で深い学び」とは、具体的にどのようなものであるか、また子どもたちに育みたい力やその指導方法について学ぶ講座が行われました。


専門研修講座の様子1 専門研修講座の様子2

◇「主体的・対話的で深い学び」の定義についてご説明下さいました。
 変化の激しい社会で生きていく子どもたちに必要な資質・能力や、学年・単元に応じて縦断的なカリキュラム編成のポイント、「深い学び」を生み出す技法について具体的にお話し下さいました。授業数の確保など年間の見通しをもって取り組むことが必要であるとご指導いただきました。


専門研修講座の様子3 専門研修講座の様子4

◇子どもたちに「させること」を目的とするのではなく、課題の発見や討議の過程でどんな力を身に付けるか、知識をどう活用できるかの学びが大切であり、表現技法のアイテムの書き出しや補助黒板など、教師の支援について具体的にお話し下さいました。

 

専門研修講座の様子5 専門研修講座の様子6

◇実際に授業に取り入れた実践例の動画を見ながら、お話し下さいました。図と文章を組み合わせて思考過程を言語化することやその手立て、振り返りに有効なワークシートなど具体的にご説明いただきました。
受講者からは2学期からの意欲に繋がったという感想が多く寄せられました。