人間力・学校力向上教育コース

学級経営の壺

特別支援の知見を生かした学級づくり

  • 日時:平成29年8月25日金曜日 14時から15時30分

  • 場所:三木市立教育センター 大研修室

  • 講師:関西国際大学 准教授 百瀬 和夫 氏

 一人ひとりに必要な教育支援を行う特別支援教育の見解から、すべての子どもたちが安心して過ごせる学級づくりについて学ぶ講座が行われました。
専門研修講座の様子1 専門研修講座の様子2
 

◇遠足や運動会など、特に配慮が必要になる学校行事を事例に、自分なら子どもたちにどう指導するか?を受講者同士で話し合いました。
完璧主義になるのではなく、教師自身もゆとりをもち、指導の本質を見失わないようにすることが大切であるとご指導くださいました。


専門研修講座の様子3 専門研修講座の様子4
 

◇多動・衝動性や不注意など、子どもの行動には背景があることを理解することが大切であるとお話し下さいました。
叱って言うことを聞かせるなど、子どもが学ぶ権利を奪うことにならないよう、何に困っているのかしっかりと理解に努める必要があるとご指導くださいました。


専門研修講座の様子5 専門研修講座の様子6
 

◇教師自身がセルフコントロールを鍛え、自己肯定感を持って指導することが大切であるとお話しくださいました。
子どもにも、教師にも「がんばってもできないこと」がある。否定するのではなく、「できないこと」「苦手なこと」は「誰かに教えてもらうチャンス」であり、ありがとうを沢山言うことができる学級づくりをして欲しいとご指導いただきました。