授業力向上教育コース

心に響く道徳授業講座

道徳授業づくりのポイントを学ぶ

  • 日時:平成29年8月17日木曜日 14時から16時

  • 場所:三木市立教育センター 大研修室

  • 講師:日本道徳教育学会 近畿支部長 行本 美千子 氏

平成30年度からの道徳科の全面実施に向けて、その指導方法や評価の基本的な考え方をはじめ、教科としての道徳の授業づくりをどう行っていくべきかを学ぶ講座が行われました。

専門研修講座の様子1 専門研修講座の様子2

◇道徳性を養うという目標に則る授業づくりを行うことは変わりなく、教師自身が教材を読み込み、いかに自分のものにできるかが重要であるとご指導いただきました。質のよい発問から導いた子どもたちの声をしっかりと聞き、子どもたちの心を育てる授業をして欲しいとお話し下さいました。

専門研修講座の様子3 専門研修講座の様子4

◇ 他教科とは違って、道徳は前理解のある教科であることから、わかることの喜びが実感できる工夫が必要であり、教師がキャッチャーとなって子どもたちの声を受容し、「対話」と「気づき」のある授業を心がけることが大切であるとお話し下さいました。

専門研修講座の様子5 専門研修講座の様子6

◇参加者でグループを組み、読み物資料を読み解き、教材分析シートを作成しました。主人公が道徳的価値を自覚する箇所に注目し、中心発問について話し合いました。子どもへの問いかけのポイント、授業の山をつくることについてご指導いただきました。子どもの考えることに先入観を持たないで、色々な意見を汲み取れるようにすることや、手を挙げにくい子にも活躍の場を作ることで子どもたち自身が考え、安心して学べる授業に繋がるとご指導いただきました。