授業力向上教育コース

学力向上・授業づくり

古川流学習指導の極意

  • 日時:平成30年8月27日月曜日 14時から16時

  • 場所:三木市立教育センター 大研修室

  • 講師:佐用郡佐用町立三河小学校 教頭 古川 光弘 氏

子どもたちが楽しいと思うことができる学級づくり、授業づくりについての実践紹介と学習指導の在り方について学ぶ講座が行われ、前年度に続いて古川先生にご指導いただきました。

専門研修講座の様子1 専門研修講座の様子2

◇今年度は“算数編”と題して、算数科における授業づくりのポイントについてご説明いただきました。指導のねらいや課題を明確にし、子どもたちが「楽しい!」と思うことができる授業にするために必要な心がけや具体的な実践方法をご説明いただきました。

専門研修講座の様子3 専門研修講座の様子4

◇算数の授業をより楽しく、子どもたちの興味を引き付けるためには教材づくりの工夫が必要であるとお話しいただき、古川先生が実際に授業で取り入れた教材をたくさん紹介していただきました。普段から教材研究の視点を持ち、色々な人と出会って引き出しを沢山持っておくことが大切であるとご指導くださいました。

専門研修講座の様子5 専門研修講座の様子6

◇数のトレーニングになる「100玉そろばん」や九九を定着させるための「九九ビンゴ」などを実践していただきました。授業の最後に取り入れるなど、自分のクラスの子どもたちに必要なタイミングをつかみ、発達段階に応じて行う必要があるとご指導いただきました。

自然に歓声や拍手の生まれる授業は、学級経営にもつながる。教師が笑顔で子どもたちの前に立ち、2学期から笑顔の溢れる素晴らしい学級づくりに頑張って欲しいとご指導いただきました。